メンタルセラピストによる心理カウンセラー・バイオリズムコーディネーター・ポテンシャルアナライザーの実践養成スクール・入校案内です。

卒業生の声:森下 誉樹 さん

  • HOME »
  • 卒業生の声:森下 誉樹 さん

卒業生の声(森下 誉樹 さん)

  • モリシタハウスグループ代表
  • 日本ビルダーズ株式会社 代表取締役社長
「売上で行くと3倍、利益は十倍。分析学があるのとないのとでは、コンサルティングする時に全然ちがいますね。」

卒業生の声:森下 誉樹 さん溝口先生とは、
「すごく切れ味の鋭い人がいるから、一回話を聞いてもらったら?」
とご紹介いただいてお会いしたのが2002年だったと思います。

その時の僕はもがいていたんです。

何をもがいていたかというと、丁度その時、社長になって12年経っているぐらいの時。

父の仕事を12年前に引き継いで社長業を無我夢中で12年間やってきたんですけど、すごく転換期という時期だった。

本業は工務店の経営。建築業者なんですけど、ある大きなハウスメーカーさんの下請けの仕事を父がやっていたのを引き継いで、それが一番メインでやっていたんですね。
ずっと下請けとしてやってきたんですけども、時代の変化とか、元請けさんの事情とかで、このままずっと下請けやり続けていくべきなのか、どうなのか?
どこに自分が軸足を置くかというところに関して悩んでいる時に、溝口先生をご紹介いただいて会った。
それまでメンタルな面と向き合うというような事がほぼ無かったので、一体、どういう人かわからずに会った。そういう状況でしたね。

実際に会って思ったのは、まず、「なぜ、そんなことわかるんですか?」とビックリした。

「あなたはお母さんのお腹に授かった時に、非常にお母さんは大変な状態で、すごくあなたを産むのは大変だったでしょ?」「体の弱い子だったんじゃないの?」
という感じの事を言われて、僕からしたら「は?」みたいな感じだったんです。

「ま~、丈夫じゃなかったとは思いますけど、産む時大変どうこういうのは聞いた事ないですね」

と言って、その話を帰って母親にした時に、

「あんた、なんでそんなこと知ってんの?」
みたいな感じで。

「どういうことやったん?」

と聞いたら、「産むのあきらめたら?」って言われるぐらい大変だったらしくて、でも、なんとか産みたくて産んだということだったらしいんです。

そういうところも一つ驚きましたし、それ以外にも、自分の中でビックリと言うか「えー?」っていう感じがしたのは、当時すごく自信がなかったんですよ。「自分がやっていけるのか?」っていう。
一人で生きていくには、生きていくにしても社員がいてやれるのかっていう時に、

自分の軸足を、元請け化の方にグッと踏み込む決断をしたんですよね。「いやいや、あなた大丈夫ですよ」
「すごい能力高いですよ」
そうバンって言われたような
「だからもっと自分の事信じてどんどんやりなさい」
みたいな事を言われたっていうのが驚きであり、混乱であり、母親から後で聞いて驚愕もし。

で、「そんな事言われても」って思ったけど、「信じてみても良いのかな?」みたいなちょっとモヤモヤした感じが当時の印象。

それがきっかけで、実際に僕はその年に、下請けを辞めるというよりは、自分の軸足を、元請け化の方にグッと踏み込む決断をしたんですよね。

結果的に、今思えば、それから12年経った訳ですけども、まあ、決断して間違いなかった。
今、後悔はないっていうんですか、そういうものになって来ました。

なによりまず自分を知るっていう事に関して自分とは何者かっていうところに向き合わせてもらえた感じで、そこから「自分って何かな~」と考えるようになった。

そうすると、自分に対する興味とかある程度の手ごたえとか感じて来ると、一緒に事業をやって来た二人の弟や、父の代からの大番頭さん、社員といった他の人との関わりに対しても、どうやっていけばより良くなるのかという興味が広がって行って、どんどんビジネスの展開が変わって来た。

具体的には、溝口先生に会ってすぐ、会社の顧問になってくれるようお願いして、それから月一回はお会いしていろんな相談に乗っていただくようになった。

社員とか、家族とか全員の分析をしていただいて、それについて、なぜそうなのか?どういう戦略を取るべきなのか?っていうような事をずっとレクチャーしてもらったり、それから緊急の相談にも乗っていただいたり、そういう感じでお付き合いさせていただきました。

例えば、会社の中でどういう風にチームを作るか?という部分。
それぞれが持っている固有のタレント性というか才能というのがあるじゃないですか?
それが、「こいつはこういうものがある」「彼にはこういうものがある」
で、「あなたにはこれがない。彼にはある」

というような事をやっていく中で、「こういう組み方っていうのがある」っていうのをバーンと言われて、
「え?これですか?」みたいな。

「うーん、でもそうやな、そういう風に言われると収まるな」
っていうようなとこがあって、実際それでやってみるっていうような事の繰り返しで、少しづつ組織の体制ができて来たというのが一つありました。

それとバイオリズムっていうものを当時は良くわからんままに聞いてましたけども、打って出る時と、引くというか、待つ時の「これでいいのか?」っていうのをいつも迷うじゃないですか?
「いろいろやりたい事が湧き上がって来て、今やるべきなのか?」とか、何を尺度にこう考えていくのかっていうのもタイミング、タイミングで教えていただいた事も凄く大きかったですね。

まず、組織の安定っていうところがないと難しいですし、どういうタイミングでやるか?動くべきか?動かざるべきか?自分の事はもちろんですけど、社員にどういう風な事をさせていくかっていうタイミングというのもそこから教えていただけるっていう事で、そこは非常に良かったですね。

先生がいなかったら無駄な時間を使ったでしょうね。先生がいなかったら無駄な時間を使ったでしょうね。
先生がいなければ、失敗を繰り返した可能性とか、回り道をした可能性とか、波に乗れなかった可能性があったというのは凄く感じますね。

ビジネスをやるのに資源というものがいろいろあるんですけど、やっぱり大きなものとしては、時間とお金ってところがあって、一番取り返しがつかないのが時間というところがあるので。

先生と出会ってから、売上でいくと3倍、利益は10倍。
逆にその出会いがなかったらどうなってたのかな?と思います。

その後スクールに参加したわけですが、スクールに参加したことで、一言で言うと応用力がついた。
溝口先生が顧問になると楽なわけですよ。考えなくていい。
だって質問すれば答えが返ってくるわけですから。

でも、溝口先生もお忙しいですし、ごくごく些細な問題にいちいち「先生、どう思います?」っていう訳にもいかない。

自分もスクールに行く前は、問題がおきて、問題解決していただいた時に、その経緯を説明していただいて「ああ、なるほど」っていう事があってもですね、「なぜそうなるか?」っていう事はいまいち体系的にはわかってなかった。

それがスクールで体系的に学んだ事で、分析して、各担当者、スタッフ、社員さんの分析データをどう読むか?そして、どういうふうにそれを本人に活かせるようにするか?っていう事は、かなりできるようになりました。

3年くらい前から、同業者の社長さん達と幹部の方の経営支援をするっていうような会社も一つ預かる事になりましてですね。当然ですが、その時に、コンサルティングっていう形をする時には有効なものとして活用させていただいてますね。

分析学があるのとないのとでは、コンサルティングする時に全然ちがいますね。
物事を見たてる時に根拠っていうのがいるじゃないですか。
通常は「そうなのかな?」っていう空想でしかできないですけど、やっぱりデータっていう根拠がありますのでね、やっぱりそこは非常に助かりました。

根拠もないのに「そうじゃないんですか?」っていう事は、こっちもパンチがないですし、向こうもなんかこう「そうあんた決めつけるけど」みたいな感じになりやすいと思うんですね。

でも、例えば、「あんた何年前にこういうことなかったですか?」とか、あるいは「3カ月ほど前にこういう事がおきてませんか?」って言うと、非常に向こうが「えっ!?」って思われているのも、話していてすぐに分かりますよね。ですので、そういうところはすごく活かせた。

僕が思うのはその家族間とか、兄弟間とか、ビジネスの上司部下の間とか、それから取引先さんとか、すべて人間関係ですんで、相手と対応していく時に、そのデータっていう根拠からどういう風に読むかっていう読み方はやっぱりスクールでトレーニングしないとなかなか難しいと思いますので、それが活用できるようになったのは大きかったと思いますね。

溝口先生のスクールの一番根本というのは、人間理解じゃないですか。結局、溝口先生のスクールの一番根本というのは、人間理解じゃないですか。

ビジネスをうまくやろうと思う人は、「どうやってお客さん集めるか?」とか「どうやって儲けるか?」っていう事を結構問うじゃないですか。

それをどっかで勉強して、なんとか俺もって思うかもしれませんけど、溝口先生の言葉を借りれば、「どうやって理解するか?」ですよね。

人間、理解がない時には、組織運営も、お客様との関係も良くならないんで、儲けたいんだったら理解する。
そのために理解する方法を教えて頂いたっていう感じがすごくしますね。

僕自体が人生変わったようにスクールに参加される方の人生も変わっていく機会になるんじゃないかなって思いますね。

性格・性質分析溝口メンタルセラピストスクールで学ぶと、人間への理解が深まります。その結果、家族や社内の人間関係はもちろんの事、お客様との関係も構築し、ビジネスの大きな発展にもつなげる事も可能です。

さらには、既にコンサルタント業務をされている場合も、これから始められる場合も、根拠のあるデータを元に、自信を持って相手を指導する事もできるようになります。

LAMS型(能力適性)分析溝口耕児が数多くの企業や個人を成功へと導いて来たコンテンツを惜しみも無く公開するスクールで学び、あなたもご自身のビジネスやクライアントのビジネスを大きな成功へと導いてください。

まずは、プレ講座で溝口コンテンツと、溝口耕児のあり方を気軽に体験してください。

プレ講座の詳細はこちらからご確認ください>>

スクールお申込みプレ講座で体験する

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3288-5554 受付時間 10:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © 溝口メンタルセラピストスクール All Rights Reserved.