メンタルセラピストによる心理カウンセラー・バイオリズムコーディネーター・ポテンシャルアナライザーの実践養成スクール・入校案内です。

講座内容

  • HOME »
  • 講座内容

講座内容

溝口メンタルセラピストスクールは以下の2つのクラスで構成されます。

ベーシッククラス

アドバンスクラス

それぞれの講座の内容、カリキュラムは以下の通りです。

■心理コミュニケーション学

心理カウンセラー養成講座

心理コミュニケーション学では、カウンセラー・コーチ・アドバイザーに必須となる、心理学に関する基礎知識だけでなく、当スクールが提唱する【人間力】のベースとなる『信頼関係(ラポール)形成力』、『傾聴力』、『質問力』、『伝達力』 を実習・演習を通し修得して頂きます。

初対面の相手とでも短時間に『信頼関係(ラポール)』を形成し、『傾聴力』で相手の悩み、問題、課題を深く理解すると同時に、共感によってさらに信頼を深め、『質問力』によって相手が気付いていなかったレベルで問題を整理し、『伝達力』によって相手が正しく理解し、行動し、問題を解決し、目標達成へと導けるようになります。

同時に、バイオリズム分析学やビジネス経営学Ⅰ、その上のポテンシャル分析学・プロファイリングⅠやビジネス経営学Ⅱへと進まれる方にとっては、アドバイザー、コンサルタント、リーダーとしてベースとなる『信頼関係(ラポール)形成力』、『傾聴力』、『質問力』、『伝達力』、そして【人間力】という重要な資質を身につけて頂く事になります。

心理コミュニケーション学のカリキュラムは以下の通りです。

・心理コミュニケーション学 カリキュラム

第1回 ① 溝口メンタルセラピストスクール全体像
「心理コミュニケーション学」の位置づけ
② 今求められるカウンセラー像
③ 自分を知ること「自己理解」
④ カウンセラーとして必要な5大要素
⑤ カウンセリングの歴史「まとめ」
⑥ 3つの傾聴トレーニング
⑦ 実習「傾聴トレーニング」
第2回 ① ラポール形成力と傾聴力を身につける
② ラポールとは?
③ 3つのカウンセリングポジション
④ 傾聴力&ラポール形成力トレーニング
⑤ 実習「ラポール形成力トレーニング」
第3回 ① 質問力を身につける
② 質問力の重要性
③ 3つの質問力スキルアップ技法
④ 実習「質問力トレーニング」
第4回 ① 伝達力を身につける(前編)
② カウンセリング8ステップ基本技法
③ カウンセリング8ステップ基本技法
もし迷ったら…「簡易バージョン」
④ 4つの伝達力スキルアップ技法
⑤ 伝達力スキルアップトレーニング
⑥ 実習「伝達力トレーニング」
第5回 ① 伝達力を身につける(後編)
②【前回の復習】カウンセリング8ステップ基本技法
③【前回の復習】カウンセリング8ステップ基本技法
もし迷ったら…「簡易バージョン」
④【前回の復習】4つの伝達力スキルアップ技法
⑤【前回の復習】伝達力スキルアップトレーニング
⑥ 4つの伝達力スキルアップ技法
⑦ 実習「カウンセリングトレーニング」
第6回 ① 5大要素の統合
② 実習「卒業認定試験」
③ 卒業認定試験での気づき

*上記カリキュラムは予定です。都合により変更になる場合があります。

・バイオリズム分析学

バイオリズムコーディネーター養成講座
バイオリズム分析学では、主に、

  • 溝口式バイオリズム分析
  • 性格・性質分析

について学び、活用できるようになっていただきます。

溝口式バイオリズム分析とは?

人間は、食事や睡眠などによってエネルギーを体内に備蓄し、その溜めたエネルギーを消費することで、生活(行動)しています。
こうしたことから、人間が発揮できるパフォーマンスは一定ではなく、常にパワーの高低(変化)が繰り返されていることがわかります。

溝口式バイオリズム
バイオリズムを知ることで、12のバイオリズムポジションで、どのようなことが心と体に起こるのか、どのような活動をするとよいかを知る事が出来ます。

その結果、行動指針が明確になり、行動に迷いやブレがなくなり、ゴールから逆算する事で、効率的に目標を達成する事が可能になるのです。

性格・性質分析とは?

性格・性質分析では、人が先天的に持つ性格・性質を知る事が出来ます。
この、先天的にもつ性格・性質を知ると、その人が大事にしている価値観や、考え方の傾向、行動の特徴、強み・弱みなどが明確になり、コミュニケーションをとる上でも、成功へとガイドする上でも非常に役立ちます。

性格・性質分析
どう伝えれば相手が動いてくれるのか、どんな言葉に怒りを感じるのか、どんな対応に素直に反応するのかが、手に取るようにわかります。

その人の性格・性質に合わせて、能力を発揮し、成功しやすい職場環境や働き方をアドバイスする事で、成功を加速する事ができ、逆に、陥りやすい問題を回避する事も出来ます。

バイオリズム分析学のカリキュラムは以下の通りです。

■バイオリズム分析学

第1回 ① バイオリズムコーディネーターの在り方
② 分析家とバイオリズムコーディネーターの違い
第2回 ③ バイオリズムとはどんなものか?
④ バイオリズムポジションの説明
⑤ バイオリズムの倍率
⑥ バイオリズムの種類(時間・日・月・年・一生)
第3回 ⑦ バイオリズムを使って自分の性格タイプを知る
⑧ バイオリズムを使って過去を読む
⑨ バイオリズムを使って未来を読む
第4回 ⑩ 自分の生まれたポジションの性格を知る
⑪ 12年バイオリズム/ 12ヶ月バイオリズムを使って
自分の現時点のポジションを知る
第5回 ⑫ タイプ別の充電時期の過ごし方における注意点を知る
⑬ バイオリズムを使ってビジョンを達成する
⑭ バイオリズムを使って問題を回避する
⑮ バイオリズムを使って上昇傾向を高める(Hit&Wait)
⑯ バイオリズムを使ってネゴシエーションをかける
第6回 ⑰ タイプ別の感情の原因と対処法を知る
⑱ 法人資料の読み方
⑲ 卒業講義

■ビジネス経営学Ⅰ

第1回 マッチアップ論
第2回 感情コントロール
第3回 経営者、指導者のバランス学
第4回 目的・目標の意義
第5回 思考は現実となる「暗示力」
第6回 ストレスバスター

*上記カリキュラムは予定です。都合により変更になる場合があります。

■ポテンシャル分析学・プロファイリングⅠ

ポテンシャル分析学・プロファイリングⅠ受講風景
ポテンシャル分析学・プロファイリングⅠでは、主に

  • LAMS型(能力適性)分析
  • マッチアップ分析
  • 上記の2つを元にした適材適所の人材配置
  • 潜在能力分析

について学び、活用できるようになっていただきます。

LAMS型(能力適性)分析とは?

LAMS型(能力適性)分析
LAMS型(能力適性)分析とは、
【L:リーダーシップ】【A:アナリスト】
【M:マーケティング】【S:スペシャリスト】
の4つの組み合わせで表される職業適性分析です。

このLAMS型(能力適性)分析では、潜在的にどの分野に強い適性をもち合せているのか明確にわかり、数百パターンの組み合わせの中から、その人に最も適した職種や業種が明確になります。

就職や転職の際の目安となり、また、独立や起業を考えている場合でも方向性が定まります。どのような職種や業種だと、スムーズに業務がやれるのか、結果が出しやすいのか、楽しく仕事ができるのか、といったことがわかるので、成果はおのずと高まります。

法人内では、適材適所の人材配置に使えるので、全体のバランスを考えたチームをつくることや、営業促進などの一つの能力に特化したチームをつくることも可能です。

また、経理向きや営業向きなどの、採用したい人材をピンポイントで選ぶことも可能になり、時間、お金、労力の無駄をなくせます。

LAMS型(能力適性)分析は、さまざまな無駄をなくし、短期間で望む成果を出すことが可能になる、能力発揮ツールです。

マッチアップ分析とは?

マッチアップ分析とは、人と人との相性や関わり方を分析したものです。
ここでの相性とは「 好き」「 嫌い」 といった個人的感情ではなく、人がもつエネルギーの相互関係を指します。

マッチアップを知ると、相手との間でどういった事象が起こりがちかが事前にわかり、接し方、関わり方そのものがわかるため、ベストな距離感を保てます。

マッチアップ分析
お互いにプラスエネルギーが発生する場合には、さらによい関係を構築するのに役立ち、お互いにマイナスエネルギーが発生する場合には、それを緩和し、どういった部分に注意して接すればいいかがわかります。

マッチアップ分析は、親子間での関わり、会社内での関わり、チームを組むときなど、より強靭で、ストレスのない関係性を築くことを可能にするツールです。

潜在能力分析とは?

人は皆、誰でも非凡な才能、能力、潜在性を秘めています。しかし、多くの人が、自分のもつ非凡な才能や能力に気づくことなく、宝の持ち腐れとなっています。

潜在能力分析

潜在能力分析では、生来もちあわせる才能やセンス、品性、人徳などを明らかにし、潜在能力を活かす日々の行動や考え方を知ることができます。

早い段階から潜在能力を強化することで、世界で活躍するトップアスリートやアーティストなどを育成できます。

また、現職で能力を活かす、趣味の分野で能力を発揮するなど、いくつになっても、その才能や能力は、開花させることが可能なのです。

才能を知り、それを活かす環境を整えることで、職業と潜在能力をマッチさせたり、人としての生き方や在り方と潜在能力をマッチさせることで、より素晴らしい成果が得られることになります。

ポテンシャル分析学・プロファイリングⅠのカリキュラムは以下の通りです。

・ポテンシャル分析学・プロファイリングⅠ カリキュラム

第1回 ① ポテンシャル・アナライザーとは?
② 能力適性の分類と分類表
③ 職業から能力適性を読み出すには?
第2回 ④ タイプ別の感情や思考に関する相対的順位を知る
⑤ ポテンシャル分析の活用
第3回 ⑥ マッチアップについて(基本論)
⑦ マッチアップが組めない関係のフォロー
⑧ コンセンサスと明確なビジョン
第4回 ⑨ 潜在能力(特性)を知る
⑩ アナライザーのイメージ作りとは?
⑪ 組閣を組む際の考え方を知る
⑫ 自分の能力適性からの質疑応答
第5回 ⑬ 更に細かな能力適性の細分化と特徴を知る
⑭ ネゴシエーションの基本
第6回 ⑮ 法人資料の読み方
⑯ 卒業講義

■ビジネス経営学Ⅱ

第1回 信念・使命感の確立
第2回 ダメ元理論・敗者の論理
第3回 継続力とリーダーシップ
第4回 ミラーの法則・モニタリング
第5回 ギバーズゲインと人の活用学
第6回 思慕過剰と人の活用

*上記カリキュラムは予定です。都合により変更になる場合があります。

スケジュール、スクールの会場、受講料の詳細はこちら>>

スクールお申込みプレ講座で体験する

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3288-5554 受付時間 10:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © 溝口メンタルセラピストスクール All Rights Reserved.